第88回選抜高校野球大会が、3月20日から始まる。
ここ10年ぐらいは、気がつけばもう決勝戦が始まってた、という具合で
なかなか観ることはないけれど、その昔、春の初めは甲子園に通うのが仕事だった。
ぼくは、25年前の新聞のコラムにこんなことを書いた。

『春を告げるセンバツ高校野球大会が開幕した。(略) むろん今年も、すでに
いろいろなドラマがあった。初出場を果たした奈良高校の4番打者益田和亮君。
6年前の日航ジャンボ機事故で、一瞬にして最愛の父を亡くした。
父和彦さん(当時49歳)は、あの忌まわしい8月12日、上司の葬儀に出席するため
上京。家族のもとへと帰る途中JAL123便に乗り合わせたのだった。
その父・和彦さんも高校時代は野球部にいた。甲子園の夢を息子・和亮君に託し、
暇があればキャッチボールをして野球の素晴らしさを教え込んだ。
「全力を尽くさないと激しく叱られました」と和亮君。
父の急死で家族が深い悲しみに沈んだ時、一番幼いその和亮君が最も強かった。
「いつまでも泣いていたら父さんが悲しむよ」。
男と男の約束は全力プレー。彼はあす、甲子園のバッターボックスに立つ。』

昨日、偶然見つけた昔のスクラップから、こうして原文を書いていて思い出した。
試合は敗れたけれど、彼は約束通り見事なヒットを放ったこと。
さて、同じこの甲子園で大活躍した渦中の清原容疑者。西武に入団して間もないころ
藤井寺球場のベンチで彼と話しをした。「久しぶりの大阪やろ。今日は実家に帰るんか?」
「いえ、今は西武が実家ですよ」
新聞社を辞めてずいぶんになる。ぼくの知ってる彼はこの時の印象のままだ。
絶対に、永久に薬物などに染まらぬように・・・。
今回のセンバツ。祈るように、はつらつとした球児のプレーを見つめたい。